第142回直木賞作家・佐々木譲が

この舞台のために原作を執筆

 

本公演のベースとなるのは、

明治初頭、箱館戦争の後日談。

「五稜郭残党伝」「北辰群盗録」

そして本作のタイトル

「婢伝五稜郭」

 

 

『五稜郭三部作』その舞台化作品。

 

 

原作者・佐々木譲のメッセージ

「勝者が歴史をつくり、敗者が物語をつくる。

 彼らの物語は、実に魅力的で心を打つエピソードが数多くある。

 人間たちひとりひとりの夢を描いた、熱くすがすがしく、

 そして、豊かな物語。

 エンターテイメントではあるが、完成した舞台を見たら、

 きっと僕は涙を禁じ得ないだろう」

 

 
料金:

(全席指定) 前売り5000円

※こちらのHPからのお申込みは10月10日21時注文分をもって、終了とさせていただきます。

 

2010年10月13日(水)~10月17日(日)
六本木・俳優座劇場


10月13日(水)        18:30
10月14日(木)14;00   18:30
10月15日(金)        18:30
10月16日(土)14:00   18:30
10月17日(日)14:00

(開場は開演時間の30分前)

 

 

チケットの購入方法:

左上の欄『チケット予約』から専用フォームでお申し込みください。

 

出演者

 

樋口泰子

寿大聴

望月章男

内堀克利

 

吉舎聖史

石田尚巳

コビヤマ洋一

関川慎二

古川がん

杉山えいじ

及川ナオキ

里村孝雄

神太郎

中野若葉

田口愛

若林美保

成田伸江

山口美佐

根本りつ子

パーカッション:石塚俊明

 

原作:佐々木譲
劇作:秋山豊
演出:高橋征男